コンテンツマッチ広告のブレイナーのAPI

Posted on 10月 22, 2006. Filed under: API, アフィリエイト |

コンテンツマッチ広告のブレイナー・ウェブサービス(REST API)仕様

CNETの2006年1月27日の記事によると、

ウェブサイトのコンテンツに適した広告を自動的に提供するコンテンツマッチ広告サービスで、新たにWebサービスを使ったXMLによる広告配信をウェブプログラマー向けに開始した。


Amazonの検索結果に対して広告を表示するサンプルが載っている。
blog サーチ結果

書籍のタイトルの下に表示される薄い緑色の部分が広告。

RESTによるシンプルなAPIで、必須の引数であるidを入手するためにパートナーとして登録する必要がある。コンテンツマッチだと、JavaScriptを呼び出すと自動的にページのコンテンツを取得、解析するイメージだが短いキーワードないしは半角で255文字以内の文字列を引数として送る必要がある。EUCで、と仕様にあるが全角120文字程度だとブログの本文全文は送れない場合が多そうだ。

また、ブレイナーの6月23日のニュース欄に「JSON形式による広告配信を始めました。」とある。詳細は(おそらくアフィリエイトのパートナーにならないと)見れない

10月29日追記:
一般のページからリンクは張られていない模様だが、ページには直接アクセスできた。
JSONによる広告配信

広告

Make a Comment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

コメント / トラックバック1件 to “コンテンツマッチ広告のブレイナーのAPI”

RSS Feed for using API; Comments RSS Feed


Where's The Comment Form?

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。