JavaScriptで制御する音声読み上げAPI「VDS : the Voice Delivery System」

Posted on 8月 22, 2007. Filed under: API |

VDS : the Voice Delivery System

Voice Delivery System(以下、VDS)を使うと、JavaScriptを使って、あなたのページに音声を埋め込むことができます。我々のVDSサーバで動的に音声合成されるので、読み上げさせたい文字列を用意するだけで音声読み上げ機能をページに実装することができるのです。

利用にはユーザ登録が必要。
音声読み上げのデモは各ページ内にある橙色のアイコン付「再生」ボタンを押せばよい。
例:
VDS : the Voice Delivery System » 利用登録

日本語としてほとんど違和感なくきれいに読み上げてくれる。

リファレンスはまだ準備中の模様。
JavaScriptのコードの説明が以下のページにあるのでだいたいわかる。
VDS : the Voice Delivery System » VDSの基本的な使い方
speakメソッドに渡すのが基本になるようだ。

var buf = (document.getElementById("readOutHere")).innerHTML;
vds.speak(buf);

今までにない毛色のAPIなので使い甲斐がありそうである。

2007年8月28日追記
リファレンスが掲載された。
VDS : the Voice Delivery System » VDS API 一覧

広告

Make a Comment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。